メディア
ニュース
» 2011年08月31日 18時14分 公開

ビジネスニュース フォトギャラリー:写真で巡る宇宙航空開発の拠点、米モハーヴェ空港・宇宙港を訪ねる (3/5)

[George Leopold,EE Times]

 モハーヴェ空港・宇宙港は、「飛行機の墓場」としても知られている。廃棄処分を待つ航空機を駐機しておく場所だ。広大な砂漠に、老朽化した飛行機が何十機も留置されている。さらに、敷地内に設置された太陽光発電パネルや、空港内のレストランを紹介する。

ALT 図4 「飛行機の墓場」 廃棄処分を待つ老朽化した飛行機が、ここに留置されている。航空会社がより燃料効率の高い航空機への切り替えを進めていることから、カリフォルニア州とネバダ州にまたがるこのモハーヴェ砂漠には、広大な「飛行機の墓場」が広がっている。
ALT 図5 モハーヴェ砂漠全体に数多く設置されている太陽電池パネル 後方には、Rotary Rocketが試験的に開発したロケット「Roton」が見える。
ALT 図6 空港内にあるレストランのメニューの表紙 モハーヴェ空港・宇宙港には、小規模な空港もある。その中のレストランには、飛行試験が全盛期だった頃をしのばせる、数々の記念品や写真が飾られている。例えば、メニューの表紙に使われているこれらの写真は、いずれも有名なテスト飛行機である(ちなみに、おすすめのメニューはフィッシュタコス)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.