メディア
ニュース
» 2011年11月01日 16時19分 公開

ディスプレイ技術 フォトギャラリー:超高精細/透けるディスプレイ/狭縁タイプ、“ポスト3D”を担う新技術は何だ!? (3/5)

[前川慎光,EE Times Japan]

写真に迫る超高精細ディスプレイ

図 Chimei InnoluxのQFHDディスプレイ フルHDの4倍に相当する「QFHD(Quad Full High Definition)」に対応した46インチ型高精細ディスプレイ(関連記事)。画素数は3840×2160、色の階調は10ビット、フレームレートは60Hz、色域はNTSC比で72%以上、コントラスト比は1対1000。

図 「写真画像をディスプレイで」をうたった超高精細ディスプレイ 東芝が展示した。画面サイズは6.1インチ型で、画素数は2560×1600のWQXGA。解像度は498ppiに達する。コントラスト比は1対1000、色域はNTSC比で61%。対象機器は、スマートフォンやタブレットPCといったモバイル機器。

図 Samsung Electronicsが展示した10.1インチ型WQXGA(2560×1600画素)液晶ディスプレイ (関連記事

シャープがNHKと共同で開発を進めている、8K4Kの高精細液晶ディスプレイ。画面サイズは85インチ型で、画素数は7680×4320、輝度は300cd/m2、色の階調は10ビットである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.