メディア
ニュース
» 2011年11月01日 16時19分 公開

ディスプレイ技術 フォトギャラリー:超高精細/透けるディスプレイ/狭縁タイプ、“ポスト3D”を担う新技術は何だ!? (5/5)

[前川慎光,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3|4|5       

3D映像の進化もまだこれから

Samsung Electronicsが展示した大画面3Dテレビ。75インチ型と55インチ型、46インチ型を展示していた。46インチ型の仕様は以下の通り。フレームレートは240Hz、画素数は1920×1080、輝度は450cd/m2、コントラスト比は1対5000、応答速度は4ms以下である。

図 アイトラッキング方式を採用した3Dディスプレイイ 顔を上下や左右に動かしても、自然な3D映像を見られると説明していた。画素数は800×480、コントラスト比は1対900、色域はNTSC比で65%、色の階調は8ビット。Chimei Innoluxが展示した。

図 インテグラルイメージング方式を採用した21インチ型3Dディスプレイ 画素数は1280×800。9方向から見た情報(9視差)を表示するため、9倍のサブピクセルを使って、1つの画素を構成した。9視差の映像は、レンチキュラーシートを使って9方向に投影している。東芝が展示した。
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.