メディア
ニュース
» 2011年12月08日 17時21分 公開

東京モーターショー2011 フォトギャラリー:20XX年の未来が目の前に、サプライヤも電動技術を積極提案 (3/3)

[朴尚洙,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

サプライヤ提案の電動技術

 EVやHEVの走行システムの中核を成す電動技術の進化には、自動車メーカーだけでなくティア1サプライヤも大きく貢献している。

 ボッシュは、13社の自動車メーカーが2013年までに市場投入する21モデルの車両に対して、同社の電動技術を提供しているという。最近の事例では、PSA Peugeot CitroenのディーゼルHEV「3008 HYbrid4 Crossover」に同社の「アクスルスプリットハイブリッドシステム」が搭載されている(図9)。

 日立オートモーティブシステムズの電動システムは、General Motorsの量産車に採用されている。展示では、PHEV「Chevrolet Volt」のモーターとインバータ、HEV「Buick LaCrosse」のリチウムイオン電池パック(グループ企業である日立ビークルエナジー製)を組み合わせて紹介していた(図10)。

図9 ボッシュの「アクスルスプリットハイブリッドシステム」図10 日立オートモーティブシステムズの電動システム 左の図9はボッシュの「アクスルスプリットハイブリッドシステム」。「3008 HYbrid4 Crossover」に搭載したシステムでは、モーターの出力は27kWとなっている。右の図10は日立オートモーティブシステムズの電動システム。General Motorsの量産車に採用されたものを組み合わせて展示した。

 NTNは、独自に開発しているインホイールモーターなどの電動システムを組み込んだデモ車両「Q'mo(キューモ)」を公開した(図11)。4輪全てにインホイールモーターと小型転舵アクチュエータを搭載することで、通常の車両前方向への走行以外に、その場での回転や横方向への移動が可能である。

 豊田自動織機は、電動コンプレッサなどの技術を応用したEV用パワートレインユニットと、同ユニットを用いた物流用EV「e-Porter」(図12)を展示した。波巻きステータを用いたモーターと直冷式の冷却構造を採用したインバータなどから構成されており、既存の電動システムよりも大幅な小型化を実現したという。

図11 NTNの「Q'mo」図12 豊田自動織機の「e-Porter」 左の図11はNTNの「Q'mo」。運転操作を1本の操縦かんだけで行えるので、女性や高齢者が近距離を移動する用途に最適である。右の図12は豊田自動織機の「e-Porter」。EV用パワートレインユニットを搭載する以外に、車体の軽量化やコスト低減も図っている。
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.