メディア
ニュース
» 2013年03月25日 08時00分 UPDATE

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(15):会議は、非リアルタイム系の“読み書き戦”に持ち込む (5/6)

[江端智一,EE Times Japan]

電話で催促、あるいは流会をほのめかす

 「(c)電話戦」とは、ミーティング前の電話による相手との交渉です。

 これは上記の内容と矛盾するではないか、と思われる方もいると思いますが、目的が違うのです。これは「電話で“議論”をしない戦闘」です。

 この電話は、主に、「メール読んでくれましたか」「いつ読んでもらえますか」「いつ返事をいただけますか」「その上司の方の稟議はいつごろ認可されそうですか」「うちの上司から、そちらの上司の方へ連絡を入れさせましょうか」と、催促するものになります。

mm130321_eeenglish15_image2.jpg 写真はイメージです

 この「電話戦」は「電子メール戦」とは逆に、実体的内容に入ってはなりません。あくまで形式的な内容にとどめることがポイントです。なぜなら、電話で実体的内容を話す、すなわち電話で会話をするというのは、ミーティングよりやっかいであるからです。電話では、相手の顔が見えず、空気もまったく読めません。そもそも電話で事足りるのであれば、海外出張などする必要はないのです。

 さて、この「電話戦」の最後のフレーズは、これです。

 「もしお返事をいただけないのであれば、対応が難しいですね。次回のミーティングは見合わせますか」。つまり、流会をほのめかすわけです。軽い恐喝ですが、これで海外出張がつぶれればもうけものです。あなたは無失点で、この海外出張を中止に導けるからです。まあ、単に期限がズルズルと伸びていくだけかもしれませんが。


 では、まとめます。今回は、海外出張におけるミーティング準備として、「未来完了戦略」を提案しました。

 「未来完了戦略」とは、本来ミーティングで実施すべき事項を、ミーティング直前までに「完了」してしまう、「英語に愛されないエンジニア」に特化した戦略です。

 今回は、この戦略の3つのフェーズの一つ、「国内戦」についてお話しました。次回の後半「ミーティング準備【ホテル戦】」においては、「ホテル戦」と「フィードバック戦」について説明します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.