メディア
ニュース
» 2013年07月05日 12時15分 公開

無線通信技術 Bluetooth:スマホと人工すい臓をBluetoothで接続、糖尿病の低価格治療に光明 (2/2)

[Rick Merritt,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

 こうした技術を次のステージに進める鍵となるのが、スマートフォンとタブレット端末だ。しかし、現在発売されている製品では、十分な役割を期待できない。医療機器メーカーは、ゆくゆくは、実績のあるアルゴリズムのライセンス供与を受けたり、技術を買収したりして、自社のポンプやモニターに同技術を組み込みたい考えだ。

 Pritchard氏は、「スマートフォンメーカーは、スマートフォンを“医療機器”にして、FDA(アメリカ食品医薬品局)と関わることなど望まないだろう」と述べる。

 人工すい臓システムを実現するのに、どのくらいの処理性能やメモリ容量が必要になるかは、今のところ不明だ。

 米国では、1型糖尿病の患者が300万人に上る。さらに、年間3万人が糖尿病と診断されているという。糖尿病患者のうち20%がインスリンポンプを身に付けているが、連続式グルコースモニターを身に付けているのはわずか2%だ。

 慢性病のモニタリングの世界市場は、2016年には3億7000万米ドルに達すると予測されている。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.