メディア
ニュース
» 2013年09月18日 07時30分 公開

フォトギャラリー:IDF 2013にみる“Intel新CEOの心意気” (3/5)

[Rick Merritt,EE Times]

22nmプロセス採用「Atom」

 Intelは、22nmプロセスを適用した次世代「Atom」チップのデモを披露した。これは、同社のタブレット/携帯向け次世代SoCになるとみられる。同時に5つのビデオストリーミングが可能だという。チップ名は明らかにされていないが、CPU動作周波数は約2GHzと低い。

22nmプロセスを適用した次世代「Atom」
次世代「Atom」のデモ。5本のビデオを処理
デモでの動作周波数は約2GHzだった

Atomベースのスマートフォンたち

 LenovoのAtomベースのスマートフォン「IdeaPhone K900」は、Intelがこれまでに獲得した最も重要なデザインウィンの1つである。同スマートフォンは、中国国内でのみ販売されている。この他にもIntelは、Qualcommとともにデザインウィンを獲得したAtomベースの携帯電話機として、ロシアの「Xolo」やMotorolaの「RAZR」シリーズなどを披露した。

Lenovoの「IdeaPhone K900」
ロシアの「Xolo」(左)とMotorolaの「RAZR」 (クリックで拡大)

 Krzanich氏は基調講演の中で、「Intelは2013年中に、音声/データ通信対応のLTEチップの出荷を開始する予定だ。また2014年には、キャリアアグリゲーション(Carrier Aggregation)を備え、データ伝送速度が150Mビット/秒を上回る、『LTE-Advanced(Release 10)』対応版の出荷も開始する」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.