メディア
ニュース
» 2013年10月02日 18時56分 公開

CEATEC 2013:HDコンテンツを自由に持ち歩く、ソニーや東芝など4社が保護技術を開発 (2/2)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

 ソニーは2013年9月30日に、SeeQVaultを採用したポータブルワイヤレスサーバー「WG-C20」を発表した。SeeQVault対応のSDカードやUSBメモリなどを挿し込んでスマートフォンやタブレット端末、PCとWi-Fiで接続すると、ストレージメディア内のコンテンツをスマートフォン/タブレット端末/PCで再生したり、転送したりできる。外出先でコンテンツを視聴したい場合に便利だ。

 ソニーは、録画コンテンツをテレビからポータブルワイヤレスサーバーに転送するためのアプリ「ワイヤレスおでかけ転送」を提供している。


写真の右側がポータブルワイヤレスサーバー。スマートフォンを充電することもできる。10月末に発売を開始し、参考価格は1万円前後(クリックで拡大)
東芝のデモンストレーション。東芝製のテレビとPCをLANで接続し、現在NMS Initiativesが開発中のソフトウェアを使って、テレビ内に保存されている録画コンテンツをPCに転送している。PCに転送されたコンテンツは、USBでつないだポータブルワイヤレスサーバーにそのまま転送される(クリックで拡大)

 ソニーの担当者は、「スマートフォンがSeeQVaultを採用すれば、もっとシンプルな方法で、SDカードなどのコンテンツを再生することができるようになるだろう。機種変更を頻繁に行うスマートフォンにも、SeeQVaultは適した技術だ」と述べる。

CEATEC JAPAN 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.