メディア
ニュース
» 2013年10月28日 17時16分 公開

有機ELディスプレイ、“フレキシブル”に活路見いだすディスプレイ技術 有機EL(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

 NHK技術研究所も、フレキシブル有機ELディスプレイを開発している。「NHK技研公開2013」(2013年5月30日〜6月2日)では、8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを展示した。解像度は640×480画素(VGA)である。担当者は、「このディスプレイをそのまま80インチくらいに引き伸ばせば、スーパーハイビジョン(8K)のディスプレイを実現できる」と述べている(関連記事:80インチ超テレビの道を開くフレキシブル有機ELディスプレイ、NHK技研が公開)。

 さらに、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)は、フレキシブルなだけでなく、伸縮も可能な有機ELディスプレイを試作した。

UCLAが公開した、伸縮自在な有機ELディスプレイの動画 出典:UCLA

 この他、Cambrios Technologiesが開発している「ClearOhm」のように、ITO(酸化インジウム・スズ)を用いない透明電極用の材料が登場していることも、フレキシブル有機ELディスプレイの開発には重要になる。透明電極にはITOが用いられるのが一般的だが、ITOは希少金属を使用しているためにコストが高く、もろいので、フレキシブルディスプレイに適用するには障害が多い。だが、ClearOhmはITOを用いていないので、低コストで強度のある透明電極を実現でき、フレキシブルディスプレイにも適用しやすくなっている。

 数年前までは、“液晶ディスプレイを置き換える”べく開発が進んでいた有機ELディスプレイ。だが、バックライトがない分フレキシブルにしやすいという利点を生かし、まずはフレキシブルディスプレイ市場で普及させることが、最も現実的な道になりそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.