メディア
ニュース
» 2013年11月13日 11時05分 公開

Siriを超える? サムスンの音声アシスタント技術「SAMI」センシング技術(2/2 ページ)

[R Colin Johnson,EE Times]
前のページへ 1|2       

 Julia氏はMEMS Executive Congressで、BASIS ScienceのスマートウオッチやFitbitのアクティビティモニター、Vitalconnectの心電図モニターなど6個のセンサーを装着して、それを実証した。SAMIは、これらのセンサーから送られてくる全てのデータを集約して、そのデータをWithingsの体重計で測定した体重データや、HapiLabsのスマートフォークで計測したエネルギー摂取情報などと統合することができる。Julia氏がSAMIに「私の調子はどうだい?」と口頭で質問すると、SAMIはセンサーで計測した情報をダッシュボードに表示して、「最近2キロ太ったので、減量が必要ですね」というアドバイスを口頭で返した。

Samsungのマルチモードインタラクションのアーキテクチャ
SAMI(緑色の枠内)は、センサー(図上部)で計測したデータを集約して、情報をフィルタリングしてから標準形式で保存し、そのデータを分析してユーザーに情報を提供する。この情報は、LARK Technologiesのような企業がAPI(Application Programming Interface)でアクセスすることもできるし、スマートウオッチ「Pebble」のようなAndroid対応の端末/機器に直接送信することもできる 出典:Samsung

 SAMIは発足からわずか6カ月の内部プロジェクトだが、ゆくゆくは、Samsungのエコシステムパートナーがユーザー体験を自由に変えていけるオープンシステムプラットフォームになるだろう。

OICのLuc Julia氏

 Julia氏は、「誰も予想しなかった、素晴らしいユーザー体験を提供したい」と述べている。

 同氏は、「現在、データはサイロの中で隔離されている。SAMIは、サイロを壊して、スマートアプリケーションがサイロの枠を超えてデータにアクセスできるようにすることを目指している。そのために、SAMIはいかなる形式(構造化データ/非構造化データ)のデータも集約して、当社のパートナー企業がどのデータにもアクセスできる共通メソッドを提供する計画だ」と語った。

 さらに、「新興企業に対して、現在のデータ形式のままでデータを提供するように伝えている。SAMIプロジェクトでは、データにアクセスする方法の標準化に取り組んでいる。もちろん、セキュリティも重要だ。データアクセスに対する制御が必要だ」と述べている。

 同氏は、SAMIに似た優れたサービスを提供する企業としてLARK Technologiesを紹介した。LARK Technologiesは、エクササイズやダイエット、睡眠管理などのアプリケーションの開発を手掛ける。これらのアプリケーションは、センサーで計測したデータを分析して、ユーザの日常生活の改善を図る「コーチ機能」を提供する。

【翻訳:滝本麻貴、田中留美、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.