メディア
ニュース
» 2014年03月18日 12時53分 公開

センシング技術:ソニーのメガネ型端末やGoogle Glassが勢ぞろい、米のウェアラブル機器展示会リポート (3/3)

[Jessica Lipsky,EE Times]
前のページへ 1|2|3       

Googleストリートビューと組み合わせることも想定

 PLT Labsがコンセプトを発表したヘッドセットは、極めて初歩的な機器に見えるかもしれない。しかし同社の担当者によると、加速度センサーを搭載しているので、優れた性能を実現できるという。このヘッドセットは、ユーザーの頭の動きをトラッキングする他、自由落下の検知、歩数計機能なども搭載している。

 将来的には、高齢者の転倒を検知したり、マルチトラックオーディオの回転を制御したりといった用途を想定しているという。また、ヘッドセットの方位データと、Googleのストリートビュー(Street View)を組み合わせて、観光客が道に迷った場合に使えるナビゲーション機能を実現することも可能になる。

PLT Labsのヘッドセット。プロトタイプはX軸、Y軸、Z軸の3方向を検知できる 出典:PLT Labs

ウェアラブル機器を開発しやすいプラットフォーム

 Freescale Semiconductorのウェアラブル機器のベースとして使用できるプラットフォーム「WaRP」も展示された。WaRPには、Cortex-A9をコアに採用した同社のアプリケーションプロセッサ「i.MX 6SoloLite」の他、歩数計「Xtrinsic MMA9553」と電子コンパス「FXOS8700」、Cortex-M0ベースのマイコン「Kinetis KL16」を搭載している。

「WaRP」のメインボード

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.