メディア
ニュース
» 2014年03月26日 15時22分 公開

フォトギャラリー 技術革新にみる:IBMの歴史 (3/4)

[Hailey Lynne McKeefry,EE Times]

1950年代

 1950年代、IBMはもう1つの技術革新を経験した。1952年に、IBM初の商用コンピュータ「IBM 701」が発表されたのである。IBM 701は真空管方式だったが、1950年代末には、トランジスタが真空管にとって代わるようになる。その後IBMは、トランジスタのメインフレームを持つ「IBM 7090」を発表。7090は、1分間に22万9000の計算を行うことができた。

1952年当時のIBMの規模:従業員数4万1458人、売上高4億1200万米ドル、純利益4億1200万米ドル


1960年代

 1964年、IBMは「System/360」を発表した。メインフレームコンピュータのシリーズである。50億米ドルという破格の開発費を投じ、当時は“IBM創設以来、最も巨額で、最もリスクの大きい製品だ”と言われた。

出典:米コンピュータ博物館

1964年当時のIBMの規模:従業員数14万9834人、売上高32億3000万米ドル、純利益4億3100万米ドル


1970年代

 IBMは1974年、SNA(Systems Network Architecture)を開発した。コンピュータを接続するためのネットワークである。以後20年もの間、SNAはデータ処理において最も使われるシステムとなった。1975年には、デスクトップコンピュータ「IBM 5100ポータブルコンピュータ」が発表される。重さは約25kg。価格は9000〜2万米ドルであった。

出典:Cisco Systems

1974年当時のIBMの規模:従業員数29万2350人、売上高126億7000万米ドル、純利益18億3000万米ドル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.