メディア
ニュース
» 2014年05月01日 11時29分 公開

陪審団の審議が間もなく開始:アップルとサムスンの特許訴訟、多数の証拠書類とその中身 (2/3)

[Rick Merritt,EE Times]

 Samsungの米国のモバイルマーケティンググループは、Appleを打ち負かすことを最重要課題としていたようだ。Samsungは2011年当時、「Samsungが米国内で築き上げたシェアは、2013年にはAppleに追い抜かれる」と予測していた。しかし2012年の時点では、「スマートフォンをめぐる戦いは、SamsungとAppleの一騎打ちになる」と考えていたようだ。


熱狂的なファンがいない? Samsung製スマホ

 第三者機関による市場調査リポートによれば、「iPhoneは、消費者を強く引き付ける魅力を持っている。一方Samsungのスマートフォンは、人気はあっても熱狂的な魅力には欠ける」とされている。

「iPhone」は魅力的(sexy to use)で、Samsungのスマートフォンは人気はあっても熱狂的な魅力に欠ける(liked, but not loved)と記されている

iPhoneに劣っている点が126項目

 Samsungは下の図のように、自社のスマートフォンとiPhoneの各種機能について、詳細な比較調査を行っている。その結果、Samsung製スマートフォンには、iPhoneに劣っている点が126項目あり、新たな問題点も27項目浮上したとしている。

タッチスクリーンのレスポンス時間など、あらゆる機能の性能について比較している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.