メディア
ニュース
» 2014年06月03日 12時20分 公開

テスト/計測:ハンドヘルド型測定器事業を強化、サーモグラフィで日本アビオニクスと協業 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

10V〜1.1kVに対応

 ハンドヘルド型絶縁抵抗計「U1450A/60A」シリーズは、測定電圧レンジや搭載する機能によって5製品を用意した。この中には10V〜1.1kVまで1Vステップで測定出力電圧を変更できるモデルや、4桁半のフル機能デジタルマルチメータを搭載したモデルもある。一般的な競合製品は測定電圧レンジが10〜100Vと狭く、用途も限られていたが、U1450A/60Aシリーズは航空機やプラント設備のメンテナンスから、EV/HEVや通信インフラの点検、トラブルシューティングなど、幅広い用途に対応することができる。また、全てのモデルがIP67保護等級の防塵/防浸性能を確保するなど、堅牢な構造となっている。

ハンドヘルド型絶縁抵抗計「U1450A/60A」シリーズの外観と主な用途 (クリックで拡大) 出典:アジレント

「Class1」対応で通信距離は最大100mに

 ハンドヘルド型測定器をワイヤレス接続するためのリモートリンク製品も新たに2製品追加した。これまでは通信距離が最大10mの「Bluetooth Class2」に対応してきたが、今回は通信距離が最大100mの「Class1」に対応した製品である。赤外線・Bluetooth変換アダプタ「U1117A」を自社のハンドヘルド型測定器に装着すれば、最大100m離れた場所にあるリモートロギングディスプレイ「U1115A」や、iOS/Android搭載のモバイル端末、Windows搭載PCなどとワイヤレス接続し、端末の画面上に測定結果を表示することができる。「U1117Aを装着すれば、既存のハンドヘルド型測定器であっても最大100mのリモートリンク環境を構築できる」(同社)という。

リモートロギングディスプレイ「U1115A」と赤外線・Bluetooth変換アダプタ「U1117A」の外観、およびリモートリンクの概要 (クリックで拡大) 出典:アジレント

 なお、価格(税別)はU5855Aが40万4332円、絶縁抵抗計は6万2127円(U1451A)〜10万9115円(U1461A)である。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.