メディア
レビュー
» 2014年07月02日 09時00分 公開

製品解剖:Samsungの新スマートウオッチ「Gear 2」を分解 (2/2)

[EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

メインボードは?

 次にメインボードを見ていこう。


メインボードの詳細(クリックで拡大) 出典:iFixit

 メインボードに搭載されている部品は次の通りである。

  • 赤:Samsung「KMF5X0005M」。DRAMパッケージのように見える。動作周波数が1GHzのデュアルコアCPUが下に搭載されているようだ
  • オレンジ:Motorola「MPS14X 60X5V3 1410WeC」
  • 黄色:Maxim Integrated「MAX77836」。Micro USBコントローラとリチウムイオン電池充電器のように見える
  • 緑:STMicroelectronicsの32ビットARM Cortexベースのマイコン「32F401B」
  • 青:「0225E8 E225B4」と刻印されたチップ(メーカー名、分からず)
  • ピンク:BCD Semiconductor Manufacturingのオーディオコーデック「Y831」
  • 黒:InvenSenseの6軸角速度センサー/加速度センサー「MP65M」
ちなみにiFixitは、Gear 2の修理のしやすさを8点としている。スコアは10点満点で、最も修理しやすいものが10点となる(クリックで拡大) 出典:iFixit

 Gear 2の分解の詳細は、iFixitのWebサイトに掲載されている。

関連キーワード

Samsung | iFixit | GALAXY Gear | スマートウォッチ | 分解


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.