メディア
ニュース
» 2014年09月24日 18時25分 公開

ビジネスニュース 市場予測:半導体市場、2014年以降は緩やかに成長――IC Insightsが予測まとめ (3/3)

[Rick Merritt,EE Times]
前のページへ 1|2|3       

中国の目標はファブレス企業の増加

 多くの取り組みが進められているが、中国では、半導体の製造量と消費量の差は開いていく一方だ。中国政府は、この件で頭を悩ませている。中国の最大手ファウンドリであるSMICにいくら投資をしても、ファウンドリ市場でのシェアが低下しているからだ。

 中国の次なる目標はファブレス企業を設立していくことだ。McClean氏は、「中国のファブレス企業の数は、いまや日本や欧州よりも多いのにもかかわらず、SpreadtrumやRDA Microelectronicsといった、ごく少数のファブレス企業しか成功していない」と述べている。

中国のIC市場規模とIC製造量の比較。赤い点線グラフがIC市場規模で、グレーの点線グラフがIC製造量。単位は十億米ドルである 出典:IC Insights
ファウンドリ市場における中国企業のシェアの推移 出典:IC Insights

通信機器分野が成長

 2013年、アナログICの売上高は、デジタルICの売上高を超えた。理由は単純で、デジタルICがSoCに統合される傾向が加速しているからである。

1980〜2018年までのアナログIC/デジタルICの出荷数の割合 出典:IC Insights

 システムレベルでは、通信機器がコンピュータを上回り、その差が広がっていくとみられている。携帯電話機は通信機器としてカウントしているので、それが大きな要因だ。現在、モノのインターネット(IoT:Internet of Things)のシステムをどの分野に入れてカウントしていくのか、という問題が浮上している。

分野別のIC市場 出典:IC Insights

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.