メディア
ニュース
» 2014年10月14日 12時47分 公開

CEATEC 2014:電子看板と連動したデータ送信も――広がるBeaconの用途 (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

なりすましなどの不正対策サービス

 またアプリックス独自のBeaconソリューションとして、基本的な構成のBeacon端末製品「MyBeacon 汎用型 MB004Ac」を使った認証付きスタンプラリーのデモを行った。

 Beaconを使ったスタンプラリーは、既に一部のショッピングセンターや展示会などで行われるなどBeaconの代表的な活用方法になっている。だが、インセンティブとして換金性のあるようなポイントが付加されるようなスタンプラリーの実施は少ない。その理由の1つとして挙げられるのが、「なりすましBeacon」の危険性。現状のBeacon技術では、同じデータを発信するBeacon端末を複製し不正利用する「なりすまし」を排除できず、大きな損害を被る可能性がある。

 これに対し、アプリックスは、なりすましBeacon対策用に電子認証システムを開発し、サービス提供を開始している。同システムは、Beacon端末とスマホなどクライアント側が通信した際に、クライアント側が、クラウド上の電子認証サーバにアクセスし、秘密鍵を用いてBeacon端末が正しい端末かどうかを認証するもの。このシステムを活用することで、なりすましを防ぐことができる。

電子認証サービスを使ったスタンプラリーのデモ。=デモ用に「なりすまし端末」を用意。中央=認証機能オフの場合、スタンプが押されてしまう。=認証機能オンの場合であれば、「なりすまし端末」だと判明し警告が表示された

振動センサー付きBeaconタグ

 この他、アプリックスでは、面倒な設定なく無線の到達距離を限定できるBeacon端末や、商品タグなどの用途に向けて開発した振動した場合にのみ無線を発する振動センサー付きBeaconタグなどを展示、デモした。

振動センサー付きBeaconタグのデモ。衣服などの商品を手に取った際の振動を感知し、Beaconの無線を発し、スマホなどにデータを送信する。陳列中は、無線を発しないため電池寿命を長くできる (クリックで拡大)

CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)

CEATEC JAPAN 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.