メディア
特集
» 2014年11月28日 11時20分 公開

8割のサプライヤに断られたことも:あくまで高性能な部品を、シャオミのこだわり (3/3)

[Junko Yoshida,EE Times]
前のページへ 1|2|3       

Xiaomiのインターネット哲学

 Xiaomiを従来型の民生機器メーカーと一線を画しているのは、インターネットを中心とした2つの哲学である。

 1つは、「システム価格を限りなく原価に近づける」という方針だ。Xiaomiの共同設立者の1人であるWanqiang Li氏は、Global Sourcesが2014年3月に中国の上海で開催した「Global CEO Summit」のスピーチで、「これは、ハードウェアでは当然のことだ。中国のBaidu(バイドゥ)のような大手インターネット企業にとって、“大容量”と“低価格”は2つの重要なファクターだ。現代の家電メーカーは、この事例に倣うべきだ」と述べた。

 2つ目は、「民生機器は、スピードがすべてだ」という信念である。従来型の民生機器メーカーは一般的に、多くの時間をかけて製品を完成させてから発表する。これに対し、Xiaomiはまず製品を発表してから、ユーザーから集めたフィードバックを基に最適化していく。Li氏は、エンジニアに対して「ユーザーが当社の製品マネジャーだ」と話しているという。

Bin Lin氏のオフィス。Xiaomiの47インチTVの他、Xiaomiのマスコットのぬいぐるみがたくさん並んでいる。Xiaomiのマスコットは、赤い星が付いたウシャンカ(帽子)をかぶり、赤いスカーフを巻いている

【翻訳:青山麻由子、滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.