メディア
特集
» 2014年12月18日 10時45分 公開

ビジネスニュース 業界動向:IoT、組み込み市場を活性化 (2/2)

[Peter Clarke,EE Times]
前のページへ 1|2       

今後大きく伸びるのはスマートシティ

 IC Insightsは、今後最も大きく伸びるIoT半導体分野は、スマートシティだとみている。スマートシティは、電力網や道路、街灯などの公共インフラアプリケーションのスマート化を実現する。

 次に大きいのが産業用インターネットだ。主に工場や物流、医療などのシステムアプリケーションが高い成長を遂げるとみられることから、スマートシティの分野に追い付く勢いをみせるだろう。

 さらに、スマートホーム向けの半導体売上高は、2013年にはわずか2億7500万米ドルだったが、2018年にかけて年平均成長率32.8%で増加し、10億米ドルを超える見込みだ。コネクテッドカーシステム向け半導体は、2013年〜2018年の間に年平均成長率43.8%という極めて高い成長を遂げ、2018年の世界売上高は15億米ドルに達するとみられる。インターネットに接続するウェアラブル機器向けの半導体売上高は、2013年の7600万米ドルから、2018年にかけて年平均成長率46.9%で伸び、5億2800万米ドルに達する見込みだ。

photo IoT向け半導体の売上高(用途別) 出典:IC Insights

 世界半導体売上高全体に占めるIoT接続用ICチップの割合は、2014年にはわずか1%に過ぎなかったが、2018年には、3481億米ドル規模に達する市場全体のうち、約3%を占める見込みだという。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.