メディア
ニュース
» 2015年01月20日 11時45分 公開

ビジネスニュース 企業動向:TSMCの成長は鈍化か、Apple「A9」の製造がSamsungに戻る可能性も (2/2)

[Alan Patterson,EE Times]
前のページへ 1|2       

スマホ世界市場、成長に陰り

 TSMCは、設備投資の予算を、2014年に比べて11.5〜20%増となる115億〜120億米ドルに引き上げている。最先端プロセスを適用したチップのニーズに応えるためだ。同社は、16nm FinFETの量産開始を2015年第2四半期に予定している。

 TSMCは、2015年第1四半期の売上高を2210億〜2240億ニュー台湾ドルと予測している。これは、前年同期比で約50%増となる数値だ。Maybank Kim EngのアナリストであるWarren Lau氏は、「TSMCの2015年の売上高は前年比で十数%伸びる可能性があるが、そこがピークとなり、2015年後半は成長が緩やかになる」との見方を示した。

 さらに、チップ製造メーカーの重要な成長要因であったスマートフォン市場にも陰りが見え始めている。米国の市場調査会社であるIDCは、スマートフォン世界市場の2015年の成長率は12%で、2014年の26%から低下すると予測している。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.