メディア
連載
» 2015年03月13日 10時00分 公開

福田昭のデバイス通信(11):ルネサスの最新半導体ソリューション(9)――可視光通信を組み込んだ照明で位置案内や省エネなどを実現 (2/2)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

可視光通信で照明を細かに制御して省エネを実現

 オフィスの照明に可視光通信システムを導入することは、照明電力の削減にも応用できる。例えばワーカーが外出などで不在のデスクでは、デスク上の照明を自動的にオフする。また天気の良い昼間は、窓付近の照明を弱くする。こういったきめ細かな調光によって照明の消費電力を抑える。

 ルネサスはDALI通信とデジタル電源をサポートする照明ソリューション・ボードを使うことで、きめ細かな調光を実施し、オフィスの照明による消費電力を最大で30%程度、削減できるとしていた。

photo 照明に可視光通信システムを組み込むことで消費電力を削減するソリューションの説明資料(クリックで拡大)

産業用イーサネットを通じてモーターをリアルタイムに制御

 「ファクトリー」に関する展示では、リアルタイム制御用のハイエンドマイコン「RZ/T1」によるモーターのACサーボ制御ソリューションが注目を集めていた。

 32ビットマイコン「RZ/T1」は、産業用イーサネット通信とモーター制御の両方の機能を備えている。展示ブースではRZ/T1を搭載したボードをスレーブ側、32ビットCPUコア内蔵SoC「R-IN32M3」を搭載したボードをホスト側とし、産業用イーサネット通信規格「EtherCAT」を通じてホストからスレーブにモーターの位置指令を送り、スレーブからホストに位置情報を送ることで、モーターをリアルタイムに制御して見せていた。

photo 産業用イーサネット通信を経由してモーターを制御し、回転ベルトを動かしていた(クリックで拡大)
photo 32ビットマイコン「RZ/T1」を搭載したボード(クリックで拡大)
photo 産業用イーサネット通信でモーターを制御するソリューションの説明パネル(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.