メディア
ニュース
» 2015年03月18日 12時00分 公開

高速シリアルインタフェース技術 superMHL:リアルな風景に近い映像表示を可能に、8K対応の有線接続規格「superMHL」 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

最大40Wの電力供給も可能

 この他、充電機能として最大40Wの電力を供給することができる。最大10WであったMHL 3規格に比べると、スマートフォンやタブレット端末に内蔵された高容量の2次電池を短時間で充電することが可能となる。また、複数のモニターでコンテンツを視聴できるマルチディスプレイ機能などもサポートしている。

 MHLコンソーシアムは、新たなリバーシブルsuperMHLコネクタも発表した。32端子で6本の高速データレーンが用意されている。充電用として最大3Aの電流に対応することができる。形状はリバーシブル設計となっており、挿入時にプラグの向きを気にする必要がない。ケーブルタイプは、両側にsuperMHLコネクタを装着したものや、シンク側にsuperMHLコネクタを、ソース側にmicroUSBやUSB Type-Cコネクタを装着した製品などを用意する。

superMHLコネクタを装着したケーブル(左)と、MHL規格に対応する主なケーブルタイプの例 (クリックで拡大) 出典:MHLコンソーシアム

8K映像に対応するsuperMHL/HDMI 2.0ポートプロセッサ

 Lattice Semiconductorの子会社であるシリコンイメージは、superMHL/HDMI 2.0ポートプロセッサ「Sil9779」を発表した。次世代ホームシアター機器などの接続用途に向ける。

 Sil9779は、superMHL仕様に基づく8K 60フレーム/秒のビデオ解像度をサポートする。Sil9779を搭載したディスプレイ装置は、superMHLを1入力とHDMI2.0を3入力の合計4入力に対応可能だ。セットトップボックス(STB)などソース機器ではsuperMHLを1出力備えることができる。

 もちろん、MHL1/2/3仕様との後方互換性を確保しつつ、広色域規格「BT.2020」やHDR、最新オーディオ機能、HDCP2.2などにも対応している。

Sil9779の応用例 (クリックで拡大) 出典:シリコンイメージ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.