メディア
ニュース
» 2015年04月06日 16時55分 公開

LED/発光デバイス:深紫外LEDで光出力90mW超を達成、可搬型殺菌システムなどへの応用に期待 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

実用化に向けてもメリット

 ハイブリッド光取り出し構造の開発/採用は、光取り出し効率の向上を実現しただけではなく、量産/実用化に向けてそのメリットは多いという。例えば、素子間の光出力均一性、作製コストの低減、歩留まりの向上といった点にも配慮した構造となっている。

 開発したAlGaN系深紫外LEDのファーフィールド放射パターンの評価も行った。光取り出し面を加工していないフラット面に比べて、フォトニック結晶構造を付加することで光強度は増加した。さらにハイブリッド構造にしたことで、光強度は極めて高くなることも分かった。

AlGaN系深紫外LEDのファーフィールド放射パターンの評価結果 (クリックで拡大) 出典:NICT

 NICTは今回の開発成果について、「水銀ランプなど既存光源の置き換え用途に加えて、持ち運び可能なウィルス殺菌システムや医療診断/分析システムなど、新規市場の創出にもつながる」と期待している。

 なお、今回の研究成果は米国応用物理学会誌「Applied Physics Letters」電子版(2015年4月1日発行)に掲載された。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.