メディア
ニュース
» 2015年05月26日 13時30分 公開

TECHNO-FRONTIER 2015:半導体製造技術を生かした薄膜充電池に、待機電力10mW以下のPWMコントローラを国内初公開 (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

リチウムイオン電池と電気二重層キャパシタの中間

 STCH02と同様、国内初展示となったのがSTマイクロ独自の充電式固体薄膜バッテリ「EnFilm」だ。薄さ約0.2mm(220μm)という折り曲げ可能な薄膜充電バッテリで、「電池としての特性は、リチウムイオン電池と電気二重層キャパシタの中間」と説明する。10年間の使用に耐え、充放電サイクルは4000回以上。容量700μAh(サイズ25.7mm角/定格電圧3.9V)で30分の高速充電が行える。放電曲線については、リチウム電池並みとする。

左=薄さ約0.2mmの充電式固体薄膜バッテリ「EnFilm」 出典:STマイクロエレクトロニクス / 右=「EnFilm」のデモボード。写真下部の基板上にEnFilmが実装されている (クリックで拡大)

 リチウム系固体材料を使い液体材料を一切用いないEnFilmは、「半導体製造技術を応用して製造できる」(同社)とし、量産性に優れている。また、半導体製造技術が応用できる点は、半導体メーカーであるSTマイクロがEnFilmを手掛ける理由でもある。

 STマイクロでは、既にEnFilmの専用工場を設け、量産を2014年秋から実施。EnFilmの薄さと漏れ電流の少なさ、高速充電対応といった利点から高機能型クレジットカードに採用される他、バンド部にEnFilmを組み込んだ腕時計なども実用化されているという。

STマイクロ製品だけで構成したスマートシティ

 この他、STマイクロはTF2015で、センサーからマイコンなど制御デバイス、無線デバイス、パワーデバイスまでIoT端末に必要な主要部品を1社で手掛ける数少ない半導体メーカーである点を強調。主要部品をSTマイクロ製品で構成した次世代Smart Cityソリューションの展示を行った。

次世代Smart Cityソリューションの展示コーナー。街の模型の中に、主要部品をSTマイクロの製品で構成したさまざまな種類のワイヤレスセンサー端末を配置し、デモを行った (クリックで拡大)
車の位置を測距センサーで検知し、車に近い進行方向の街灯だけを点灯させるスマート照明のデモ。センサーや照明ユニット間の通信はParadox Engineering製メッシュネットワーク対応920MHz帯無線モジュールを使用。同モジュールの主要部品もSTマイクロ製。
測距センサーを応用したスマートゴミ量検知のデモ。センサー端末は、STM32マイコンを搭載する開発/評価ボード「Nucleo」をベースに作成している

TECHNO-FRONTIER2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.