メディア
コラム
» 2015年06月11日 13時30分 公開

オピニオン:「Apple Watch」は好調でも、“キラーアプリ”不在のスマートウオッチ (2/2)

[Junko Yoshida,EE Times]
前のページへ 1|2       

見向きもされなかった「iPhone」

 ある中国人の教授は、近頃参加したあるモバイルセミナーで、「Appleが最初にiPhoneを発売した時のことを覚えているだろうか。当時、Nokiaなどほとんどの携帯電話機メーカーは、iPhoneには取り合わなかった。彼らは、『大手メーカーの携帯電話機に比べて、iPhoneは電話機としての品質が欠けている』と話していた」と語る。

 こうした人は、Appleが「携帯電話機を作っているわけではない」ということに、気付かなかった。Appleは、インターネットに接続するという機能を持たせた、まったく新しいカテゴリの製品を作っていたのだ。最終的には、多くの人がこの機能にほれ込んだ。

 同じことが、スマートウオッチにも当てはまるだろう。

 Appleの設計者は、“紙一重”のところを行っている。Apple Watchは、単なる時計でもなければ電話でもない。

 彼らは、Apple Watchを、“フル機能を備えたスマートフォン”にすることを避けている。多くの人はスマートフォンを肌身離さず持ち歩いている。まったく同じ機能を腕時計にも搭載する必要はないだろう。

スマートウオッチの“キラーアプリ”は?

photo 「Apple Watch」

 もちろんApple Watchで時間は分かる。だがApple Watchは、SwatchやTimexと競合するために設計されたわけではない。単に歯医者に行く時間を確認するためだけにApple Watchを買うには、価格も電池の持ちも見合わない。

 Apple Watchの価値は、片手だけでいくつもの事を行える点にある。「Apple Pay」を使った支払いや、カメラの遠隔操作、その他多くのアプリが搭載されている。これらは、十分といえるのだろうか。筆者には分からない。Appleの開発者たちは、スマートウオッチ向けの“キラーアプリ”を見つけたのだろうか。これも筆者は分からない。

 今は、スマートウオッチの利便性を試している段階だろう。スマートウオッチならではの使い方が登場することを楽しみに待つことにする。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.