メディア
特集
» 2015年07月17日 13時40分 公開

IoTには、けん引力が足りない?:半導体の売上高成長率、今後2年は下落傾向に (2/3)

[Rick Merritt,EE Times]

IoT市場では8ビット/16ビットマイコンが成長へ

 IoT向け半導体は、2020年には435億米ドルに達する見込みだ。しかしこれは、同年の半導体市場全体の売上高が4000億米ドル規模となるのに対し、そのわずか10%を上回る程度に過ぎない。IoT市場は、可能な限りコストを削減しているため、半導体チップの“最大の貢献者”にはならないようだ。

 Gartnerでアナリストを務めるDean Freeman氏は、「IoT市場ではまず、8ビット/16ビットマイコンが大きな成長を遂げるとみられる」と述べる。

 Appleのスマートウオッチ「Apple Watch」などのウェアラブル機器は、現在は大々的に宣伝されているものの、将来的には、その注目度の高さと実際の売上高の間には相当開きが出てきそうだ。GartnerのアナリストであるMichelle Reitz氏は、「最新のウェアラブル機器は現在、急成長を遂げているが、それに搭載される半導体の量はごくわずかだ。このため、2019年の半導体売上高全体に占めるウェアラブル機器向けチップの割合は、最大でもわずか1%程度にとどまるとみられる」と述べている。

photo ウェアラブル機器向けチップの売上高予測(2019年まで) 出典:Gartner

 2019年におけるウェアラブル機器の出荷台数は、5億台に達する見込みだが、機器本体に搭載される半導体はごくわずかだろう。Reitz氏は、「ウェアラブル機器の価値は、ハードウェアではなく、提供するサービスにある」と指摘する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.