メディア
コラム
» 2015年08月18日 10時30分 公開

バッグに入れて持ち運べるクルマ:「WalkCar」は乗り物の概念を変える? (2/2)

[Junko Yoshida,EE Times]
前のページへ 1|2       

“乗り物”の概念を覆す?

 WalkCarは“乗り物”の基本概念を根本から覆す。“バッグに入れられるクルマ”というコンセプトは、「乗り物は大きくて頑丈でなくてはならない」「乗り物を動かすにはそれに乗り込まなくてはならない」という概念を否定する。

 軽量なアルミ板を用いたWalkCarの最大荷重は120kg。ノートPC程の大きさなのでリュックに入れることもできる。ずっと乗り続けてもいいし、必要な時だけ乗ってもいい。

 こうした機能や特長は、セグウェイやトヨタ自動車の「Winglet(ウィングレット)」などの他のパーソナルモビリティには見られない。セグウェイもWingletもWalkCarよりはるかに大きくかさばっている。

 あえて言えば、WalkCarは携帯電話機の出現を思わせる。

 携帯電話機の出現により、人々は固定電話のそばに座って話すことから解放された。WalkCarは、他にはないコンパクトさと携帯性を備えていることから、バスのスケジュールや駐車スペース、自転車の鍵などを気にする必要がなくなるかもしれない。

photo 画像はイメージです

 WalkCarは簡単に乗りこなせるそうだ。cocoa motors.によると、WalkCarはスケートボードのように体の重心を移動させて操縦するという。本体に乗ると“発車”し、降りれば止まる。

 最初はオモチャのようにも見えたが、実際は遊び道具というより、実用的な製品だろう。スケートボーダーは、退屈するかもしれない。

 cocoa motors.によれば、WalkCarはクラウドファンドのKickstarterを通して2015年秋には予約可能だという。価格は約10万円で、2016年春には出荷予定だとする。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

関連キーワード

パーソナルモビリティ | Segway | Winglet


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.