メディア
特集
» 2015年08月25日 15時00分 公開

Intelが描く次世代移動通信:5Gでは、高速通信とクラウドの組み合わせが鍵に (2/2)

[Jessica Lipsky,EE Times]
前のページへ 1|2       

SDNやネットワーク仮想化が鍵

 基調講演では、世界の大手キャリアの代表者を集めてパネルディスカッションを行い、「5Gに何を期待するか」をテーマに討論を行った。パネリストとして、韓国SK TelecomのICT R&D部門でエグゼクティブバイスプレジデントを務めるAlex Choi氏、Verizonの戦略担当バイスプレジデントであるBin Shen氏、Ericssonのコーポレートストラテジー部門でバイスプレジデントを務めるPaul McNamara氏などが参加した。

 パネルディスカッションに先立ち、Intelのデータセンター担当バイスプレジデントで、IoT(モノのインターネット)部門のゼネラルマネジャーでもあるSandra Rivera氏が、5Gがユーザーにもたらす利点を語った。

photo IntelのSandra Rivera氏 出典:Intel

 Rivera氏は、「500億個ものデバイスがインターネットにつながり、遅延が1ミリ秒未満のアクセスを得られるようになる。基地局をより“スマート”にすることで、通話や映像が途切れることもなくなるだろう」と話した。さらに、“シームレスな5Gソリューション”を実現するには、ソフトウェア定義ネットワーク(Software Defined Network:SDN)やネットワーク仮想化が鍵になると述べた。

ネットワーク開発を加速する「Network Builders Fast Track」

 Rivera氏は基調講演で、ネットワーク開発者向けのプログラムである「Network Builders Fast Track」を発表した。SDNやネットワーク仮想化を加速させるものだという。

 一方、パネリストたちは、彼らの5Gに対する主な興味は「速さ」にあると話した。5Gでは、1ミリ秒以下という低遅延が要件として挙げられている。

 交通からスマートシティ、農業、教育、ヘルスケアなどさまざまな分野において5Gを促進するのは、IoTになるだろう。

 Intelは現在、Nokia Networks、NTTドコモ、SK Telecomなど複数のメーカーと提携して5Gの実現に取り組んでいる。例えば、SK Telecomとは、独自の「Anchor-Booster Cell(アンカー・ブースター・セル)」のデモを披露している。Anchor-Booster Cellは、LTEネットワークとWiGigを組み合わせて大量のデータを送信する技術だ。さらにIntelは、5Gの実用化を促進する欧州の団体「5GPPP(5G Public-Private Partnership Association)」をはじめ、多くの研究プロジェクトにも参画している。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

5G(第5世代移動通信)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.