メディア
ニュース
» 2015年09月11日 16時00分 UPDATE

Ethernet AVBでもリアルタイム伝送!:ルネサス、車載カメラ映像を高速圧縮するSoC (2/2)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

小型化と低消費電力も実現

 R-Car T2は、低消費電力と小型化も実現。消費電力は、I/O(input/output)含めて、40mW(Typ.)となり、「他社製品と比べて約1/5の省電力となり、密閉された空間でも、デバイスから発生する熱を低減する」(ルネサス)と語る。6mm角の小型パッケージとなっており、小型の車載カメラモジュールに実装可能だ。

 2015年9月9日よりサンプル出荷を開始し、サンプル価格は2000円/個。2016年12月から量産を開始し、2017年に9月までに月産50万個の出荷を計画している。

デモの様子を動画で紹介

 発表会では、デモカーによるLVDSカメラとイーサネットワークカメラの遅延比較が行われた。下記の映像を見ても分かる通り、目視ではLVDSカメラとイーサネットカメラによる映像のズレは見られないことが分かる。

ts0910_RCAR05.jpgts0910_RCAR06.jpg LVDSカメラを搭載したデモカー(左)/イーサネットカメラを搭載したデモカー(右) (クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.