メディア
ニュース
» 2015年09月14日 14時50分 公開

ペン1本でグルコースをモニタリング?:血糖値を測るインク、米大学が開発 (2/2)

[Jessica Lipsky,EE Times]
前のページへ 1|2       

課題は、ライフサイクルの短さ

 UCSDの研究チームは現在、インクの価格を下げるための取り組みを進めている。インクの価格が高いのは、酵素の価格が高いためだという。Bandodkar氏は、「酵素がライフサイクルの中で安定している期間は、ほんの2〜3週間しかない。このために、実用化も遅れている」と述べる。

 さらに同氏は、「実用化する上で、システムのシンプルさと生体適合性とを可能な限り確保するためには、2〜3週間という期間は短すぎる。少なくとも6カ月間の安定性が必要だ。現在は、室温や高温度下において酵素の安定性を確保するための研究に取り組んでいる。しかし今のところ、まだ問題を解決するには至っていない。酵素はインクの最も重要な構成要素であり、細心の注意を要するためだ」と付け加えた。

 Bandodkar氏の研究チームは、UCSDのウェアラブルセンサー開発において中心的な役割を担っている。エネルギー効率の高い無線通信デバイスの開発に取り組む別のグループとの間で、密接に連携を取っているという。このグループは、センサーのデータを携帯電話機やノートPCに伝送することが可能なBluetooth対応無線デバイスの開発に取り組んでいるという。

 同氏によると、血糖の他にも、インクを使ってモニタリングできる成分はあるという。例えば、筋肉を使った後にたまる血中乳酸も、適切な酵素を使うことで測定できる可能性があるとしている。現在、血中乳酸も、血糖と同様に指に針を刺して血液を採取して測定しているので、浸襲的な方法となっている。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

関連キーワード

インク | 酵素 | 糖尿病 | ボールペン | グルコース


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.