メディア
ニュース
» 2015年09月30日 10時30分 公開

ルネサス、V2X向け5.9GHz帯無線LSIを製品化欧州規格の低ノイズを達成(2/2 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

小型モジュールなども販売へ

 ルネサスでは、R-Car W2Rをベースに、パワーアンプやフィルタ、アンテナスイッチなど外部部品と組み合わせた評価用小型モジュールも製品化。さらにこの小型モジュールと車載情報端末用SoCである「R-Car E2」など、V2Xシステムに必要なハードウェアとファームウェア一式を備えたスタータキットもそろえ、R-Car W2Rのサンプル出荷とともに販売する。

「R-Car W2R」(右)と32×24mmサイズの評価用小型モジュール (クリックで拡大)
スタータキット (クリックで拡大)

 ルネサス第1ソリューション事業本部ADASソリューション部長の伊賀直人氏は「外付け周辺回路などは高度な設計ノウハウが必要になる。小型モジュール、スタータキットともに、そのままクルマに組み込めるような小型サイズに仕上がっている。小型モジュール/スタータキットにより、ユーザーにアプリケーション開発に集中できる環境を提供できるだろう」とした。

 ルネサスは、R-Car W2Rの拡販とともに、V2Xの普及促進に向けた業界団体の活動に積極的に参加していく方針で、既にR-Car W2Rを使った実証実験などにも着手。「フィールドテストでは、相対速度200km/hのクルマ同士の通信も、およそ700mの車車間距離から通信を確立しデータ交換できることを確認した」(同社)としている。

V2Xの普及に向けてルネサスが実施している活動例 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

760MHz用LSIも開発中

 伊賀氏は、「2020年ごろには米国などで、V2Xの搭載義務化などの法整備が進む見通しであり、V2X向けLSI需要も拡大するだろう」と見込んでいる。なお、国内の760MHzに対応したV2X用無線LSIについては「詳細は明かせないが、現在、開発中」とした。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.