メディア
特集
» 2015年10月23日 13時30分 公開

深刻な渋滞の緩和も狙い:シンガポール、自動運転技術に積極投資 (2/2)

[Vivek Nanda,EE Times]
前のページへ 1|2       

ゴルフカートが中国庭園で自動走行!

 シンガポールの自動道路交通委員会(CARTS:Committee on Autonomous Road Transport in Singapore)は、国民に対して自動車の相乗りを推奨し、自家用車の所有を抑制するという構想を論理的に拡大した、自動輸送システム計画を主導している。CARTSは、先述した展望に従いながら、以下の取り組みに注力していく考えだ。

  • 固定/定期サービス:都市部の移動手段として、固定ルート上を定期的に運行する公共交通機関を整備する
  • ポイント・ツー・ポイントのオンデマンドサービス:ルートを柔軟に変更できる共有サービスを提供することで、ポイント・ツー・ポイントの移動を実現する
  • 貨物輸送:貨物の長距離輸送を実現する
  • 公益事業:道路清掃のような公益事業を生み出す

 現在、シンガポール政府は、民間セクター主導で自動運転の実証実験を行おうとしている。LTAはこれを活用するため、2015年1月、シンガポール初となる自動運転向け試験場をOne Northと呼ばれるエリアに設立した。以来、Institute for Infocomm Research(I2R)や、Singapore-MIT Alliance for Research and Technology(SMART)といった機関が、自動運転技術のテストを行うための承認を得ている。

 2014年後半には、シンガポール南西部のジュロンにある中国庭園と日本庭園で、ゴルフカートを自動走行させる試験を行った。この試験では、2度の週末にわたって開催され、500人がゴルフカートに乗った。走行距離は延べ400kmにおよんだという。

中国庭園を走る自動運転のゴルフカート 出典:SMART

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

関連キーワード

シンガポール | 自動走行車 | 自動車 | Uber


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.