メディア
連載
» 2015年10月27日 09時00分 公開

福田昭のデバイス通信 IEDM 2015プレビュー(1):IEDM開催スケジュールの全体像 (2/2)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

ワシントンD.C.で開催される最後のIEDM

 IEDMは過去、東海岸のワシントンD.C.と西海岸のサンフランシスコで交互に開催されてきた。具体的には、西暦で奇数年がワシントンD.C.、偶数年がサンフランシスコ、という順番である。

 地理的に東海岸は欧州が近く、西海岸はアジアが近い。そして米国内ではどちらかと言えば、西海岸に半導体メーカーと半導体製造装置・材料メーカーが集中している。

 半導体産業は、黎明期は米国と欧州が強かった。IEDMは東海岸で始まり、イベントとしても東海岸での開催が盛り上がっていた。しかし日本、そして韓国、台湾で半導体産業が立ち上がり、技術開発でも世界の最先端を走るようになると半導体産業全体の地域的な中心が西海岸へと比重を移すようになった。IEDMの参加者は東西が逆転し、サンフランシスコ開催が参加者数でワシントンD.C.開催を上回るようになった。IEDMに限らず、東海岸と西海岸の両方で開催していた半導体関連のベントは、東海岸開催での集客力が相対的に低下した。

 半導体回路技術の研究成果を披露する世界最大の国際学会ISSCCは当初、東海岸のニューヨークと西海岸のサンフランシスコで交互に開催していた。しかし10年以上前に、ニューヨークでの開催は取りやめとなり、サンフランシスコ開催のみに変化した。半導体製造装置と材料の展示会であるSEMICON(セミコン)は当初、東海岸のセミコンイーストと西海岸のセミコンウエストの2つの展示会が米国内で開催されていた。しかしセミコンイーストは休止され、現在はセミコンウエストだけが米国内では開催されている。

 そしてIEDMも、東海岸での開催が取りやめられる。今回、すなわち2015年のIEDMが、ワシントンD.C.で開催される最後のIEDMになる。2016年以降は、サンフランシスコのみでIEDMは開催される予定である。

IEDMの最近の開催地と、今後の予定開催地 IEDMの最近の開催地と、今後の予定開催地(クリックで拡大)

次回に続く

⇒「福田昭のデバイス通信」バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.