メディア
ニュース
» 2015年12月09日 09時30分 公開

IRの買収が早くも功を奏す:インフィニオン、2015年度売上高は前年比34%増 (2/3)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

自動運転車やEV/HEVが追い風に

 森氏は、Infineonが前年比34%増の売上高成長を遂げられた要因について、半導体のターゲット市場として堅調な伸びが期待されている「産業機器」「自動車」「ICカード」の3分野全てが、Infineonの注力分野と重複するからだと説明する。

堅調な成長が期待される分野 堅調な成長が期待される分野(クリックで拡大) 出典:Infineon
Infineonのレーダーチップ Infineonのレーダーチップ

 特に自動車分野では、ADAS(先進運転支援システム)および自動運転、電気自動車(EV)/ハイブリッドカー(HEV)、インターネットへの接続性、セキュリティの4つが大きなトレンドとなっていて、それら全てにInfineonの製品を提供できることは、同社の成長をけん引すると森氏は強調する。自動運転車では、自動運転のレベルに合わせて、カメラ、レーダー/ライダー、センサー、センサーフュージョン向けICなど、1台のクルマに搭載される半導体の量が増えていく。EV/HEVも、内燃自動車に比べてパワー半導体やマイコン、センサーを使う量が増える。これらの半導体一式を提供できるInfineonにとって、自動運転車やEV/HEVは追い風となるのだ。

自動運転で使われる半導体の量 自動運転車では、自動運転のレベルが高くなるにつれて、使われる半導体の量が増えていく。数値はInfineon独自の試算による(クリックで拡大) 出典:Infineon

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.