メディア
ニュース
» 2015年12月09日 09時30分 公開

IRの買収が早くも功を奏す:インフィニオン、2015年度売上高は前年比34%増 (3/3)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

NXP/Freescaleの合併

 車載半導体市場でルネサスに次ぐ地位に立っているInfineonだが、同市場では大きな動きがあった。2015年12月8日(オランダ時間/米国時間)に、NXP SemiconductorsとFreescale Semiconductorの合併が完了したのだ*)。これにより、世界シェアでは新生NXPがInfineonを抜くことになった。それについては森氏は、確かにシェアは抜かれるとしながらも、「差はそれほどない上に、ターゲットとしている分野もやや異なる。当社は車載向けとしてマイコン、センサー、パワー製品をそろえていて、中でもパワー製品は強いので、EVの分野で高い成長率を狙えると考えている」と述べた。

*)関連記事:NXPとFreescaleの合併が完了

解析ラボを移設

 併せて、インフィニオンテクノロジーズジャパンは2015年12月8日、東京本社(品川区)にあった解析ラボを、IRジャパンの解析ラボと統合して移設したと発表した。移設先は本社から徒歩6分の場所にあり、従来の解析ラボに比べて、面積は5倍、解析業務を行う人員は2倍となった。この解析ラボでは、顧客から依頼されたInfineon製品の不良品解析を行う。超音波やX線を用いたICパッケージの内部解析や、リーク電流などの電気的特性の検査、パッケージの樹脂を溶かして行う開封解析などの検査が可能だ。

物理解析を行うラボ薬剤を扱うラボ 移設した解析ラボの様子。左が物理解析を行うラボで、右は、薬剤を扱うラボ(クリックで拡大)

 同社の品質マネジメント本部 本部長を務める高澤正行氏によると、不良品の解析依頼は月に平均で100件ほどあるという。その全てにおいて、24時間以内に解析をスタートし、解析結果の第一報を顧客に知らせる。解析ラボの移設に伴い、レーザーでICパッケージの樹脂を蒸発させて開封する装置(レーザーオープナー)などを新規に導入した。IRジャパンが所有していた検査装置などと統合し、検査の作業効率を高めることで、不良品解析をより短時間で効率よく行うことを目指す。

解析ラボの入り口に立つ森氏(右)と、高澤氏 解析ラボの入り口に立つ森氏(右)と、高澤氏
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.