メディア
ニュース
» 2015年12月16日 10時30分 公開

2015年の微減からプラス成長へ:世界半導体製造装置市場、2016年は1.4%増へ (3/3)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

半導体市場の成長をけん引するIoT

SEMIジャパンの代表を務める中村修氏 SEMIジャパンの代表を務める中村修氏

 SEMIジャパンの代表を務める中村修氏は、「SEMICON Japan 2015」(2015年12月16〜18日、東京ビッグサイト)の概要や見どころについて説明した。今年は732社が1705小間に出展し、会期中に延べ6万5000〜7万人の来場を見込んでいる。

 メイン展示ゾーンに加え、特別展「WORLD OF IOT」も前回に引き続き開催する。IoT(モノのインターネット)市場をけん引する企業65社と半導体企業が交流する場となる。「半導体技術/製品を接点として、IoTのトレンドをSEMICON Japanの会場で実際に体感してもらいたい」(中村氏)と話す。

 もう1つの注目コーナーは、200mmウエハーを使った半導体製造にフォーカスしたテーマパビリオン「Sustainable Manufacturing(持続可能なモノづくり)」である。200mmウエハーを用いた製造ラインは、各種センサーやアナログICなど、IoT機器向けのデバイス製造で再び脚光を浴びているテーマでもある。

 日本では初めての開催となる「スタートアップと投資家のマッチメーク」も予定している。特設コーナー「INNOVATION VILLAGE」には、13企業/大学が参加することになっている。

 展示会とは別に、100時間を超えるセミナーやカンファレンスを開催する。開催初日の「オープニングキーノート」や「半導体エグゼクティブフォーラム」をはじめ、会期中は会議棟や展示会場内で、さまざまなカンファレンスや技術セミナーが行われる予定だ。

会期中に予定されている基調講演級のフォーラム「SuperTHEATER」の日程とテーマ 会期中に予定されている基調講演級のフォーラム「SuperTHEATER」の日程とテーマ (クリックで拡大) 出典:SEMI
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.