メディア
ニュース
» 2016年01月15日 11時30分 公開

エアコンやテレビを遠隔操作可能に?:ソニーの半導体部門が新しく仕掛ける多機能ライト (2/2)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

会話や伝言機能も

 同製品は、モジュールに内蔵しているスピーカーとマイクを通じた、会話/伝言機能も持つ。同製品を設置した部屋同士で、スマホを使用した通話が可能だ。例えば、料理をしているときに、ハンズフリー状態で子ども部屋との会話を楽しむことができる。

 伝言機能は、スマホアプリを通じてモジュールに伝言メッセージを録音しておくと、家族が帰宅したときに人感センサーで入室を検知し、自動で再生してくれる。時間の指定や録音メッセージの確認なども、スマホアプリを通じて行えるという。

会話/伝言機能は、スマホアプリでこのように表示される (クリックで拡大) 出典:ソニー

モジュールをソリューションとして展開へ

モジュール部分 (クリックで拡大)

 同製品を手掛けるのは、同社デバイスソリューション事業本部が2015年4月に新設した新規事業部門。デバイスを扱う部門が照明を展開する理由について、横沢氏は「同製品は商品化後、住宅会社や電材卸事業者向けに販売していく。しかし、将来的にはモジュール部分をソリューションとして展開する予定だ。そのために、ライティングジャパンを通じて、モジュールがどのような形で応用できるかを、来場者とのコミュニケーションを通じて探りたい」と語る。取材時(2016年1月14日)での手応えとしては、「遠くにいる両親や老人介護などの見守りに可能性がありそうだ」(横沢氏)とした。機能面では今後、モジュール部分にカメラを搭載したり、規格化を行ったりしていきたいという。

 同製品は、2016年4〜6月に商品化を予定。価格に関しては、「LEDシーリングライトとモジュールを合わせて1個当たり、10万円以下におさえたい」(横沢氏)とした。

LEDシーリングライト部分 (クリックで拡大)

特集 ウェアラブル

SEMICON Japan2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.