メディア
ニュース
» 2016年02月09日 09時30分 公開

PM2.5を高精度に検出、三菱の空気質センサーPM2.5だけではない!花粉もほこりも識別(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

独自の形状判別アルゴリズム

 こうした散乱光の変化度合いを検出する独自の形状判別アルゴリズムにより、1個のセンサーで、PM2.5だけでなく花粉やほこりの判別も可能となった。試作品の最小検出粒子径は0.3μmである。

粒子のサイズと形状から、微粒子の種類を識別することができる (クリックで拡大) 出典:三菱電機

 同社は、一般的に市販されている高価で大型の粉じん測定器と、今回試作した空気質センサーの測定データを比較したところ、ほぼ同等の測定結果が得られたという。センサーの形状については、もう一段の小型化が可能とみている。

開発試作した空気質センサーと一般的な粉じん測定器を用いた測定データの比較例 (クリックで拡大) 出典:三菱電機

 量産時期やその時点の部品価格は今のところ未定としているが、価格については家庭用も含めて、空調機器に実装可能なレベルを想定している。空調機器に組み込んでおき、空気中のPM2.5や花粉が、ある一定の許容値を超えたときに、同センサーが検知して空調機器を作動させるようなセンサーシステムに最適だという。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.