メディア
ニュース
» 2016年02月26日 10時30分 公開

パナソニックと東北大学:新ナノ合金を使った圧縮機が次世代省エネ実現へ (2/2)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

「世界で初めて」圧縮機の駆動に成功

 今回、パナソニックと東北大学は、NANOMETをコア材として積層したステータ(固定子)コアにコイルを巻回した直径125mmのモータ−を試作。このモーターは、電磁鋼板のモーターとほとんど同じ形状に加工しており、「世界で初めて」(パナソニック)NANOMETを用いたモーターを組み込んだ圧縮機の駆動に成功したという。

 NANOMET搭載の試作モーターは、電磁版のモーターと比較して鉄損を60%減、効率を3.1%向上した。同試作モーター搭載の圧縮機のCOPは2.9%向上。パナソニックは、「2.9%は、求められる省エネ性能に対して十分に高い数字と思っている」と語る。

今回発表した試作モーター、試作圧縮機の性能評価結果 (クリックで拡大) 出典:パナソニック
展示されていた冷蔵庫用の圧縮機のカットモデル (クリックで拡大)

応力がかからない工夫を

 牧野氏は、試作モーター開発の成功について「NANOMETのような軟磁性材料は、特性は優れているが応力に弱い。材料に応力がかかったとしても劣化しない配慮は行っているが、実際の環境で積層するのは難しい。今回、パナソニックがNANOMETに応力がかからない工夫を行ったことで、モーター/圧縮機の試作に成功した」と語った。

従来モーターとNANOMETを活用したモーターの消費電力の比較 (クリックで拡大)

 今後は、家電や産業機器への搭載に向けて、量産技術の開発を進めコストダウンを図る。パナソニックの生産技術本部で本部長を務める井上博之氏は、「生産技術本部は、工場/商品を進化させるモノづくりの戦略統括を行う部署であるため、商品化は他の事業部が引き継いで行う形になる。そのため、商品化の時期は明言できないが、パナソニックが100周年を迎える2018年をめどに研究開発を進めていきたい」と語る。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.