メディア
連載
» 2016年02月29日 11時30分 公開

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(8):攻撃的ホームセキュリティ ―― メイドが侵入者を迎え撃つ (5/8)

[江端智一,EE Times Japan]

 さて、実際に、“Yuko”がセンサーの値をどのように取り込んでいるのかを見てみましょう。

 このように、simple_test.cプログラムを改造したもので、照度センサーを電灯で照らすと値が大きくなっていることが分かります。

 今回のシステムでは、正確なセンサー値は必要ではなく、「侵入者がリビングの電灯をつける」「誰もいないはずのリビングで人の気配がある」という状態や、「部屋の温度が非常識に高い(火災)」などを検知できれば十分ですので、その変化量を検知するアルゴリズムをそのままsimple_test.cプログラムに組み込むことで対応します(サンプルプログラムは付録に添付します)。

 では、それぞれのセンサーの反応を動画でご覧いただきます。

 このように、それぞれのセンサーの反応に連動して、パトランプやLEDが連動している様子が分かります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.