メディア
ニュース
» 2016年03月02日 10時30分 公開

高速I/F開発をワンストップショップで提供:USBロゴ認証試験も――GRLがテストラボ開設 (3/3)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

米国や台湾、インドなどでもテストラボを展開

 日本市場では2013年より営業活動を始めた。2015年12月末にはXXCAL Japanより、USB関連事業を譲り受けた。これにより、日本市場ではそれまで対応できていなかったUSBロゴ認証の業務も行うことが可能になったという。

GRLジャパンの代表取締役を務める高橋幹氏

 GRLジャパンの代表取締役を務める高橋幹氏は、「当社は高速インタフェースについて、ワンストップで技術サポートできる企業である。顧客にはバーチャルリソースとして有効に活用してもらいたい」と話す。

 GRLの最大の特長は、高速インタフェースの専門家集団であることだ。会社の主要メンバーが主な規格の標準化作業に関与している。例えば、CEO(最高経営責任者)を務めるJohnson Tan氏は、USBインタフェースやThunderboltのコンプライアンス試験立ち上げに貢献した。COO(最高執行責任者)を務めるQuintin Anderson氏は、HDMIフォーラムのボードディレクターである。チーフテクノロジーエンジニアのMike Engbretson氏は、USB 3.x電気テストスペックやUSBパワーデリバリ―テストスペックの策定などに貢献した。高橋氏も、SD Card AssociationのUHS-TGチェアなどを務めている。

 GRLは、米国や台湾、インド及び日本にテストラボを設置している。「顧客数は全世界で500社以上、日本では約50社に達している」(高橋氏)と話す。半導体メーカーや機器/システムメーカーを中心に、計測機器メーカーや部品メーカーなどが同社のサービスを活用している。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.