メディア
連載
» 2016年03月23日 11時30分 UPDATE

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(28):今こそ問いたい――そのダイエット、本当に必要ですか (5/10)

[江端智一,EE Times Japan]

「今、痩せているなら、このダイエットは正しい」

 それならば、パラダイムを逆転させましょう。

 「ダイエットをやっているから、痩せる」という、この考え方自体がもうダメです。

 「今、痩せているなら、このダイエットは正しい」が正しいのです。

 どんなに食事を我慢しようとも、毎朝起きて走り込みしようとも、それで、あなたが痩せないのであれば、そのダイエットは正しくないのです。

 このパラダイムを実践するのに必要なものは、「体重計」と「ノート」だけです。

 先ほど申し上げたように、どんなに緻密なカロリー計算をしたところで、あなたの体が摂取したカロリーを正確に算出する手段はないのです。ならば、その逆をやれば良いのです。

1日の消費カロリーを、ざっくり算出する

 具体的に説明します。

 まず、電卓を用意して、以下の値を出してください。

画像

 こんな感じで、あなたの1日の消費カロリーをざっくり計算します

 ざっくりでいいのです。どうせ、正確な値は分かりません。しかし、(江端の場合)この2170kcalという値は、覚えておくとちょっとした「目安」になるのです。

 その目安とは、「(江端は)2170kcalを超えて食べれば太り、2170kcalより少なければ痩せる」というものです。

画像

 これは、1日3食の食事のカロリー量の目安に使うものですが、小腹が空いた時にも使えます。例えば、コンビニエンスストアで、「甘いものを一口だけでも欲しい」と思い、「一口ようかん」を手に取って、そのカロリー表示を見ると、"168kcal"と記載されていたとします。

 ―― 今日1日使えるカロリーの1割近くを、この「ようかん」1個が持っていく。

 そう思うと、スイーツ選びでさえ、かなり用心深くなります。

 最近の私は、スイーツ1つ選ぶ時にも真剣勝負です。コンビニの店員は、商品(のカロリー表示)をにらみつけながら立ち続けている私を、さぞ「気持ち悪い」と思っていることでしょう。

編集注)読者の皆さまもぜひ、1日の消費カロリーを計算してみてください。そして、普段皆さまが口にする、あらゆる食べ物のカロリーと比べてみてください。

 後は毎日、ひたすら体重計に乗り続け、あなたの体重の値で、摂取カロリーを逆算するのです。

 さて、ここで、とても簡単な摂取カロリーの計算方法をお教えします。

 例えば、あなたが一週間で平均0.5kg(500g)程度太ったとします(1日単位では変動が大きすぎるので、1週間分を平均します)。

 この場合、あなたは、大体、1日あたり500kcal食べ過ぎていることになるのです。計算の根拠は以下の図の通りです。

画像

 つまり、これは1週間が7日であることと、7kcalが体重1グラムに相当するという、2つの"7"で、"7÷7 = 1"としているものです。

 もし私が、1週間で1kg(1000g)痩せたいのであれば、一日の食事量を1000Kcal(今の食事を半分にする)にすれば良いのです(かなりキツイですが)。

 そして、この式より、私が1週間で2kg以上痩せることが、もはや不可能であることも分かります。

 私の場合、基礎カロリーが2170kcalなのですから、そこから2000kcalを引いたら170kcalしか残りません。つまり、「一口ようかん」たった1個だけで、1日を過ごさなければならないということです。間違いなく私は、病気になるでしょう。

 ましてや、「1週間で5kg痩せる」などと言うことが、現実的に不可能であることは、誰にでも分かるはずです(1日7000Kcalの運動をすれば不可能ではありません。毎日7時間、連続でクロールを泳ぎ続けるか、あるいは、毎日70時間ほど歩き続けるという芸当ができれば、論理的には可能です)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.