メディア
ニュース
» 2016年07月29日 13時30分 公開

「非平衡異常ホール効果」と命名:熱を流すだけで金属が磁石になる現象を発見 (2/2)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

「非平衡異常ホール効果」と命名

 実験では、実際に温度勾配の大きさに比例したホール電圧が測定されたという(図3b、c)。このホール電圧は、外部磁場に比例して大きさが変化することから、温度勾配によって金薄膜中に磁化が生じることを示している。つまり、磁石ではない金属中に、温度勾配で非平衡磁化が生じることを「世界で初めて」(科学技術振興機構)証明。今回観測したホール効果は、磁性体が持つ通常の磁化による異常ホール効果とは異なり、熱非平衡状態で生じた非平衡磁化によるものとして、「非平衡異常ホール効果」と命名した。

図3:測定用試料とその結果 (クリックで拡大) 出典:JST

 なお、同研究は、デルフト工科大学(オランダ)のゲリット・バウアー氏らと共同で行われており、化学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業によって成果が得られている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.