メディア
ニュース
» 2016年08月08日 10時30分 公開

有機分子を「延ばして、巻いて、固める」:共有結合性有機ナノチューブ、簡便な合成法開発 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

「延ばして、巻いて、固める」

 次に、らせん状態のpoly-PDEに対し、水銀灯などによる光照射を行ったところ、架橋共有結合が形成され、covalent ONTができることを突き止めた。この反応は、ジアセチレン分子が結晶固体中で光照射によって起こすトポケミカル重合の一種だという。

光照射によるcovalent ONTの合成 (クリックで拡大) 出典:JST、名古屋大学

 また、合成したcovalent ONTについて、ラマン分光分析や紫外可視吸収測定などを行ったところ、らせん高分子全体にわたって、強固な結合性を有する架橋共役エンイン構造が構築されていることが分かった。透過型電子顕微鏡で観察したところ、covalent ONTの構造体であることも確認された。

covalent ONTを透過型電子顕微鏡で観察した例 (クリックで拡大) 出典:JST、名古屋大学

 今回の研究成果により、小さな有機分子を「延ばして、巻いて、固める」という極めて直感的で汎用性の高い方法で、covalent ONTを簡便に合成できるようになるという。さまざまな芳香環ユニットを組み込むことで多様なチューブ径や機能をもつcovalent ONTを作製することが可能になるとみている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.