メディア
ニュース
» 2016年10月25日 09時30分 公開

環境発電でバッテリーレス:“人も歩けば電波が飛ぶ”、無線タグ開発キット (2/2)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

工事現場や病院で、人の位置を検知できる

 モノワイヤレスがまず狙うのは、工場や工事現場、病院や施設などにおける人の位置を検出する用途だ。つまりビーコンである。前述したように、TWE-LITE SWINGを身に着けると、歩くだけで電波を送信できるので、受信機(アクセスポイント)を複数の箇所に配置しておけば、その近くを通過した時に、誰がどこにいるのかがリアルタイムで検知できるようになる。環境発電なので、無線タグの電池切れを心配する必要もない。

 ビーコンにはBluetooth Low Energy(BLE)が利用されることもあるが、齋藤氏は「BLEよりも通信距離が長い。そこが、BLEとの差異化やすみ分けを図るポイントとなる」と説明した。

 また、TWE-LITE SWINGを振ることでも電波を送信できるので、リモコンなどのUI(ユーザーインタフェース)などにも活用できる。モノワイヤレスのオフィスでは、TWE-LITE SWINGをドアに取り付け、来客があると音楽*)が鳴るようにしているという。

*)ちなみにその音楽は某コンビニエンスストアに入る時と同じものだそうだ。

 TWE-LITE SWINGは2016年10月26日より出荷を開始する。価格は1万4800円(税別)。拡張ボードをさらに追加したい場合は1枚1480円(税別)となっている。チップワンストップ、秋月電子通商、マルツオンライン、共立エレショップで購入できる。10月26〜28日に千葉県の幕張メッセで開催される「第2回 IoT/M2M展」でも、スター精密のブースで展示される予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.