メディア
ニュース
» 2016年12月09日 13時30分 公開

Xilinx、機械学習の推論に強いFPGAをアピール「競合比2〜6倍の効率」(2/2 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

FPGAのフレキシブルさ

Steve Glaser氏

 推論プロセス用途で、競合となるGPUやCPU、TPUなどのカスタムチップなどと比べた優位性についてXilinxコーポレートストラテジー&マーケティングシニアバイスプレジデントのSteve Glaser氏は「CPUは、FPGA以上にさまざまなアプリケーションに対応できるフレキシブルさがあると言えるが、電力効率はFPGAの方が圧倒的に良い。GPUやカスタムチップは、特定の限られたタスクについては高効率に処理できるが、フレキシブルさはない。さまざまなアプリケーションに対応できるフレキシブルさを求めるデータセンター、サーバの方が圧倒的に多く、リコンフィギュアブル(再構成可能)であるFPGAが有利だ」と強調した。

機械学習用途におけるFPGAと他のデバイス比較 (クリックで拡大) 出典:Xilinx

 Xilinxは既に、ハイパースケールデータセンターと呼ばれるGoogle、Microsoft、Facebook、Amazon、Baidu、Alibaba、Tencentの7社のうち「Amazon、Baiduなど3社のデータセンターでの機械学習用途にXilinx製FPGAが採用され、現在、他の2社とトライアルを行っている」(Glaser氏)と明かした。Baiduでは音声認識に向けた機械学習用途で使用され「将来的には自動運転車用途でも活用される見込み」(同氏)。Amazon(Amazon Web Service)では、「Amazon EC2 F1 Instances」としてFPGAの利用を打ち出したクラウドコンピューティングサービスの提供を発表し、既に複数の企業が同サービスを導入する意向を表明しているという。

左=ハイパースケールデータセンターにおける主なFPGA採用例 / 右=「Amazon EC2 F1 Instances」の主な導入予定企業 (クリックで拡大) 出典:Xilinx

アクセラレーションスタックを提供

 ハイパースケールデータセンターでの採用を伸ばすXilinxでは「さらにこの流れを加速させる」(Glaser氏)との目的で、クラウドサービスプロバイダーが機械学習などの処理を行うアクセラレーションプラットフォームを迅速に開発、展開できる「アクセラレーションスタック」の提供をこのほど開始。同スタックには、リファレンスデザイン(ハードウェア)の他、アプリケーションライブラリ、OpenStackサポートパッケージなどで構成されているという。

「アクセラレーションスタック」の概要(クリックで拡大) 出典:Xilinx
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.