メディア
ニュース
» 2017年02月24日 09時30分 公開

NIMSとシャープが開発:緑色蛍光体を開発、8K放送のきれいな色を再現 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

緑色と赤色の色純度が大幅に改善

 開発した白色LEDを用いて、液晶用の色フィルターを通過した後の色再現範囲(色域)を測定した。開発品は、CIE1931座標上でBT.2020比の85%、CIE1976座標上でBT.2020比の90%という色域を達成した。これに対して従来品は、CIE1931座標上で72%、CIE1976座標上で78%の色域にとどまっているという。測定結果から、緑色と赤色の色純度が大幅に改善されていることが分かった。

CIE1931色度座標における白色LEDバックライトを用いたディスプレイの色再現域(白い三角形)。左が開発品、右は従来品 出典:NIMS
CIE1976色度座標における白色LEDバックライトを用いたディスプレイの色再現域(白い三角形)。左が開発品、右は従来品 出典:NIMS

 研究グループは今後、材料の組成と製造プロセスを最適化し、発光効率をさらに向上させることで明るさを改善していく。また、デバイスパッケージを工夫することで、コスト節減に取り組む考えである。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.