メディア
連載
» 2017年08月16日 11時30分 公開

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である (5/11)

[江端智一,EE Times Japan]

雇用の条件で「能力」という言葉が出てこない

 それはさておき。

 説明をふっとばして「余剰価値理論」の結論だけをぶっちゃけて説明すると、「会社は会社であるという理由だけでもうかる。もうかるのだから、働きたい人間は全員雇用する義務がある」という理屈です*)

*)「経済学のド素人がアホなこと言ってんじゃねえ!」という突っ込みは、今は無しの方向でお願いします。

 ここで注力すべき点は、その時代、雇用の条件として「能力」という言葉なんぞ、どこにも出てこなかったということです。「能力」は(出世や給与の条件にはなるかもしれなくとも)、雇用の条件とはされていなかったのです(乱暴に言えば、『どんな会社も「金」はあるんだから、「雇用」しろよな、オイ、コラ』という感じ)

 しかし、1970年ごろに、日本の均一労働賃金形態に対して、「優れた能力のある人」と「そうでない人」の間に、賃金格差がないのは変じゃない? という ―― これも考えてみれば、当然の―― 新しい考え方が出てきました。そして、これが、わが国の「格差社会」の開始地点であったと見ることもできます。

 ところが、現在、この「能力」の考え方は、日本の均一労働賃金形態に対する、「ボーナスポイント」ではなく、それどころか「雇用条件」にまで堕ち(おち)てしまっているのです。

 つまり、

―― 能力のない者は、雇用しなくてもよい

という論理付けと正当化が、公然とされてしまっているのです。

 そして、ここが重要なのですが、現時点において「能力がある」とか「能力がない」とは、どういう状態であり、どんな計測手段があり、どのような閾値で判断され得るものであるのか、誰も定義できていないのです。

そもそも「能力」とは何なのか

 そこで1つ、「能力が雇用条件である」という仮説での思考実験をしてみたいと思います。

 私は、脱サラして、ある製品開発とサービスを行う会社を、新たに立ち上げたいと考えている、とします(内容については省略しますが、具体的に江端の頭の中でイメージはできています)

 この場合、私は、新たに社員を雇用しなればなりませんが、私が現在の日常生活の中で、雇用したいと思わせる能力の人間がいるか、を具体的に検証してみました(私の、現在のウイークデーの就労環境については、文末のプロフィルを参照してください)


 ―― うん、いらない。全然いらない。というか、むしろ邪魔。

 これが公平な比較方法でないことは分かっています。それぞれの会社には、それぞれの会社のやり方があり、顧客があり、目的があるのですから、仕方がないことです。

 それに、今、私が「全然いらない」という人だって、私の立ち上げた会社に来てもらえば、私の方針に基づき、働き方やその内容を修正して、うまく働いてくれるかもしれません。

 いずれにしても、どんな人材であれ、その現場に放り込んでみないと、どのような「能力」を発揮するか分からないものなのです。つまり、普遍的かつ絶対的に価値のある「能力」というものは、存在しないのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.