メディア
インタビュー
» 2017年12月26日 10時30分 公開

特集「Connect 2018」:量産車向けは絶対に明け渡さない――ルネサス呉CEO (4/4)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3|4       

車のボリュームゾーンはおさえていく

――自動運転に向けたAIプラットフォームとして、NVIDIAがトヨタ自動車と協業するなど注目を集めています。

呉氏 NVIDIAやIntelもそうだが、彼らは、大電力を使いものすごい性能を出すという方向から降りてきている。どちらかというと、われわれは下から上に上がっていくイメージだろう。

 われわれとしては、車のボリュームゾーンはおさえていく。

 NVIDIAは、研究開発費をゲーム機などで割り算するので、少数のものでもハイエンドの一部には対応できる可能性はある。だが、50万円や100万円の自動運転エンジンを搭載できる1台1000万円、2000万円もする自動車は、そんなに数は売れない。

 技術革新で、(NVIDIAとルネサスの)境界線は移動する可能性があるが、今は、NVIDIAやIntelが手掛けていることは、ものすごくハイパフォーマンスだが、ものすごく電力を使って、ものすごく(価格が)高く、少なくとも1000万円以上の車にしか搭載できないもの。彼らは、これから消費電力を下げて、やってくるだろう。

 ルネサスは、非常に消費電力が低く、機敏に計算できるところから、段々上に上がっていこうとしている。

ルネサスは、自動運転レベル4に対応するデモカーを開発し、2017年のCESや自社イベントで走行させた

 どの時点で、自動運転レベル3やレベル4を実現した車が量産車になるのか。2030年にレベル4の車は何台走っていて、1台いくらになっているのだろうか。われわれは、量産にならないようなものを取りに行こうとは思わない。今見えている量産車種に行く。われわれは、量産のところにについては、絶対に明け渡さないというつもりでやっている。ものすごく電力を消費するという部分は、やらない。

まいた種を育てる

――2018年の展望、抱負をお聞かせください。

呉氏 2017年に仕込んだことは多かった。Intersilの買収や、新組織への移行もあった。デザインインについても、相当、自動運転やEV(電気自動車)関連で獲得できた。長城汽車(Great Wall Motor)やMahindra & Mahindraなどと包括的な提携を結んだ。

 特に脱線してしまって、早急に手当てしなければならないということもない。

 そういう意味では、2018年は、2017年にまいた種を収穫までには至らないものの、しっかり育てていきたい。足元の財務的な健全性を維持しながら、実行していきたい。

 マーケット全体としては、非常にポジティブに見通している。だから、われわれとしては、方向性を見誤らないことが重要。ビジネス機会を探すというよりも、ビジネス機会がたくさんありすぎるので、どこにエンジニアリソースを投入するかを見誤らないようにしたい。

特集:「Connect 2018」

 「IoT」に代表されるように、今やITであらゆる物事が「つながる」ようになりました。全ての物事がつながる今、企業はITに対するスタンスやビジネスに対する考え方を大きく変える必要があります。他の企業とどう協力するかという戦略も、成長に必要不可欠だといえるでしょう。

 本特集では、ベンダーやユーザー企業、ITやOTなど、さまざまな垣根を超え、全ての物事がつながる「未来」の姿を企業のトップに聞いていきます。

photo 特集ページはこちらのバナーから!
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.