メディア
「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
インタビュー
» 2018年07月03日 09時30分 公開

エレメーカーが展望する車の未来:自動運転、カーシェア……車の未来を照らすスタンレー (3/3)

[松本貴志,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

光源とセンサーのマッチングを突き詰める

EETJ 光源の自社開発によって生まれる価値とはどのようなものですか。

貝住氏 自動運転に必要不可欠なセンサーに最適なランプが開発できるということだ。例えば、ステレオカメラに搭載されたCMOSイメージセンサーの光学特性に沿った波長で発光する光源を開発する。この光源をランプに追加することで、カメラの感度向上が実現する。

ToFセンサー 出典:スタンレー電気

 この業界では、発光素子を開発するメーカーと受光素子を開発するメーカーが協力関係を構築することはあまりなかった。スタンレーでは、10年以上前よりイメージセンサーメーカーと手を組んでマシンビジョン用光源の開発を進めており、センサーの感度向上に貢献している。また、われわれも社内でToF(Time of Flight)センサーを開発しており、センサーが光源に求めることを肌で理解できている。

ToFセンサーにより測定したデータ 出典:スタンレー電気

光源とランプへのこだわりで新しい価値を

同社が開発した深紫外LED 出典:スタンレー電気

EETJ 人の目のための光源から、センサーのための光源へと、光源の役割は拡大していますね。

貝住氏 他にも、光源で実現できることは、数多くある。

 カーシェアリングによってドライバーと車の関係性が変わりつつある中、可視光で光るランプだけでなく、紫外線や赤外線といった見えない光で新しい価値を提案したい。カーシェアでは不特定多数の人が1台の車を共有するが、風邪などの病気に感染した人が利用した場合、ウイルスや菌が車内に残存する可能性がある。

 われわれは発光波長265nmで50mWと高出力な深紫外LEDを開発しており、このLEDをエアコンブロワーに組み込めば車内空気の殺菌ができる。このブロワーは、カーシェアリングに衛生という付加価値を提供できるだろう。

 ランプと光源の開発はスタンレーが手掛ける。この部分は絶対に譲れない。しかし、先ほどの話でいうセンサーメーカーやブロワーメーカーなど、自社の事業領域以外に強みを持つ会社と手を組み、新しい価値を創造することにためらいはない。

 特集:エレメーカーが展望する車の未来

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.